コラム

店主コラム 2009年4月 名香鑑賞会

店主コラム2013年2月27日

いつもお世話になっております。
店主きくやです。
今年も名古屋にあります徳川美術館にて名香鑑賞会が行われます。名香は、通常は、一席で一種類の香木が焚かれることが一般的のようですが、こちらの徳川美術館では、毎年三種類の香木が焚かれます。三種類というのはすごいです。

2009年には、左記の三種が焚かれました。六十一種名香が二種類焚かれるということは、私も初めての体験でした。

東大寺 伽羅 六十一種名香
袖の香 真那賀 東山天皇勅名
楊貴妃 伽羅 六十一種名香

2010年には、

八橋 羅国 十種名香(志野十一種)
玄宗 伽羅 六十一名香
藤浪 伽羅 中院通村命銘

の3つの名香が焚かれました。
玄宗・藤浪は、伽羅。八橋は、羅国。
鑑賞の後は、焚かれた木そのものを間近で見ることが出来ました。3つの名香の他にも、真南賀 『賀』が展示されていました。

2011年は、海外出張と重なってしまい残念ながら出られませんでしたが、翌年2012年は、前年出られなかったので、両日参加させて頂きました。特に2日目は雨という天候のせいか、さらに素晴らしい香りを堪能させて頂きました。やはり三種類でした。

三吉野  伽羅 六十一種名香
岑の松  新伽羅
月の下風 羅国

今年もどのような香木を出して頂けるのか今から楽しみです。
また全国からお香ファンの方が来らます。香席の前後にお話できることも楽しみの一つです。

 

店主敬白

香源では香木の無料査定・鑑定も行っております。
香木査定について詳しくはこちらからどうぞ

  1. ホーム
  2. コラム
  3. 店主コラム 2009年4月 名香鑑賞会

採用情報

店頭販売だけでなくネット販売・業務用販売を通して国内・海外を問わず沢山のお客様に様々な商品を届ける人を募集しています。

View More

お問合せ

各種お問い合わせはこちらから。
ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せはこちら