数珠専門店 香源名古屋本店 レアな一点物数珠のご紹介  ~男性用数珠編~
名古屋本店News2024年6月24日

数珠専門店 香源名古屋本店 レアな一点物数珠のご紹介  ~男性用数珠編~

香源名古屋本店厳選
男性用数珠コレクション

皆様いかがお過ごしでしょうか。お香とお数珠の専門店 香源名古屋本店でございます。

愛知県に店舗をかまえる数珠・ブレスレット専門店の香源名古屋本店には、京都の職人が手作業で丁寧に仕立てたお数珠を多数ご用意しております。

男性用数珠・女性用数珠や専門店ならではの珍しい素材で仕立てた品も多数ご用意しておりますので、お悩みの際にはぜひご相談下さい。店舗では実際に手にもっていただきご検討いただけます。

当コラムでは、その中でも今後入手困難な素材の男性用数珠をご紹介いたします。

 

 

No.1 天然虫入琥珀 共仕立て数珠 鑑別書付き 


金額:2,750,000円

素材:天然虫入琥珀
産地:ドミニカ共和国
珠数:18玉
数珠全長:25.0㎝


 
親玉:直径約2.0cm(天然虫入琥珀)



主玉:直径約1.5cm(天然虫入琥珀)



天玉:直径約1.1cm(天然虫入琥珀)

 


付属鑑別書

1.琥珀とは

 琥珀は、数千万年から一億年以上前に生きていた樹木が分泌した樹脂が地中に埋もれ、長い年月を経て化石化したものです。樹脂は、地中の圧力や温度、化学変化などによって固まり、化石化が進みます。

 

 この過程で、植物の繊維や昆虫、小さな動物などが閉じ込められることがあり、これらの化石は特に貴重なものとされ「虫入琥珀」と呼ばれています。

2.特徴

 

 琥珀は軽く、温かみのある手触りが特徴です。また、静電気を帯びやすく、擦ると軽い物を引き寄せる性質があります。

 

 色は黄色からオレンジ、赤、茶色、さらには青や緑といった珍しい色も存在します。透明度も様々で、完全に透明なものから不透明なものまであります。

3.産地

 

・バルト海沿岸:昆虫や植物の化石が豊富に含まれることで知られています。

 

・ドミニカ共和国:保存状態の良い多様な含有物(虫や植物)が見られ、特に青色の琥珀が有名です。

 

・ミャンマー:非常に古い白亜紀の生物を含むものが多く、科学的に見ても貴重なものが多いです。

 

・レバノン:古代の植物や昆虫の保存状態が良いことで知られています。

 

こちらのお数珠はドミニカ共和国産の虫入琥珀が使われています。

4.虫入り琥珀とは

 

 琥珀は樹木が分泌する樹脂が化石化したものであり、その中には時を超えて昆虫や植物を閉じ込めた虫入琥珀があります。

 

 琥珀の中に閉じ込められた昆虫は完璧なまでにその姿が保存され、微細な翅や触角、足の細部まで透明な琥珀を通して見えるため、まるで昔の生物が今に蘇ったような感覚を与えます

 

   美しさだけでなく、科学的な価値も高い虫入り琥珀は、古生物学や地質学の研究において重要な証拠とされており、その中に閉じ込められた昆虫たちは遥か昔の生態系や気候の情報を提供し、現代の生物多様性の理解にも貢献しています。

 

虫入琥珀は、自然の力と時間の流れを象徴し、地球の歴史と進化の物語を語りかける宝石の一つです。

 

 

 

No.2 ブルーアンバー 共仕立て数珠 限定品 

金額:1,320,000円
素材:ブルーアンバー
産地:ドミニカ共和国
珠数:18玉
数珠全長:27.0㎝

 



親玉:直径約2.0cm(ブルーアンバー)

 

 

 

主玉:直径約1.5cm(ブルーアンバー)

 

 

 


天玉:直径約1.1cm(ブルーアンバー)

 

1.琥珀とは

 

 琥珀は、数千万年から一億年以上前に生きていた樹木が分泌した樹脂が地中に埋もれ、長い年月を経て化石化したものです。樹脂は、地中の圧力や温度、化学変化などによって固まり、化石化が進みます。

 

 この過程で、植物の繊維や昆虫、小さな動物などが閉じ込められることがあり、これらの化石は特に貴重なものとされ「虫入琥珀」と呼ばれています。

2.特徴

 

 琥珀は軽く、温かみのある手触りが特徴です。また、静電気を帯びやすく、擦ると軽い物を引き寄せる性質があります。

 

 色は黄色からオレンジ、赤、茶色、さらには青や緑といった珍しい色も存在します。透明度も様々で、完全に透明なものから不透明なものまであります。

3.産地

 

・バルト海沿岸:昆虫や植物の化石が豊富に含まれることで知られています。

 

・ドミニカ共和国:保存状態の良い多様な含有物(虫や植物)が見られ、特に青色の琥珀が有名です。

 

・ミャンマー:非常に古い白亜紀の生物を含むものが多く、科学的に見ても貴重なものが多いです。

 

・レバノン:古代の植物や昆虫の保存状態が良いことで知られています。

 

こちらのお数珠はドミニカ共和国産のブルーアンバーが使われています。

4.ブルーアンバーとは

 

ブルーアンバーは、その独特の色彩と神秘的な輝きから「夜の宝石」とも称される琥珀の一種です。通常の琥珀とは異なり、光の角度や種類によって青く輝く特性を持ち、見る者を幻想的な世界へと誘います。

 

ブルーアンバーは、紫外線や自然光の下で青く光る特性を持っています。昼間の自然光では金色や黄色に見えることが多いですが、夕暮れや夜の光の中では青や緑に輝き、この青い輝きはまるで星空や深海の光のように神秘的です。

 

青い色彩の原因は、樹脂の中に含まれる特定の有機化合物や微量元素に起因するとされていますが、その正確なメカニズムは未だに完全には解明されていません。この神秘的な性質が、ブルーアンバーの魅力の一つでもあります。近年では、採掘できる鉱山の閉鎖などにより手に入りずらくなっています。

 

その幻想的な色彩と神秘的な生成過程から、宝石の中でも特に魅力的な存在です。特別な瞬間を彩るブルーアンバーのお数珠は、一生の宝物として大切にされることでしょう。

No.3 老琥珀 原石そのまま 共仕立て数珠 限定品 バロック型

 

金額:330,000円
素材:老琥珀
珠数:18玉
数珠全長:27.0㎝

 

 

親玉:直径約2.0cm(老琥珀)

 

 

 

主玉:直径約1.5cm×2.1cm(老琥珀)

 

 

天玉:直径約1.3cm(老琥珀)

1.老琥珀とは

 

老琥珀(ろうこはく)とは、長い年月を経て古くなった琥珀を指します。老琥珀は時間の経過とともに色が濃くなり、黄色や金色、時には赤色や茶色に変わることがあります。

 

 新しい琥珀は柔らかく、触るとプラスチックのような感触がありますが、老琥珀は硬化し、より脆くなります。

 

老琥珀には、昆虫や植物の破片などが含まれることがあり、これらの含有物は古生物学や地質学の研究にとって非常に貴重です。

2.特徴

 

老琥珀の色は、黄金色の輝きを放ち、時に深い赤や神秘的な茶色に変わります。その光はまるで遠い昔の太陽の光が今も輝いているかのように、温かく、優雅に私たちの目を引きつけます。

琥珀の中には、小さな昆虫や植物の破片が閉じ込められていることがあります。これらは、過去の世界への小さな窓となり、遥か昔の生態系や気候を垣間見ることができます。その中に存在する小さな世界は、まるで時間が止まったかのように鮮明です。琥珀の中には、樹脂が固まる過程で生まれる美しい模様があります。

 

これらの模様は、まるで自然が描いたアートのように、個々の石に独自の魅力を与えています。

No.4 最上級ルチル(金線入り水晶) 共仕立て数珠

 


金額:330,000円

素材:最上級ルチル
珠数:18玉

 



親玉:直径約1.8cm(最上級ルチル)

 



主玉:直径約1.4cm(最上級ルチル)

 



天玉:直径約1.2cm(最上級ルチル)

 

1.ルチルとは

 

 ルチルは、その美しい針状結晶と多様な色合いから、宝石としても鉱物標本としても高い価値を持つ鉱物です。主にブラジルやアメリカ、オーストラリアなどで産出され、その神秘的な魅力と多様な用途から、多くの人々に愛されています。

 

特にこちらのお数珠に使用されている「ルチルクォーツ」として知られる、透明な水晶の中にルチルが含まれるものが人気です。

2.特徴

 

ルチルは、その美しい針状結晶から、宝石として高く評価されています。

 

特に「ルチルクォーツ」として知られる、透明な水晶の中にルチルが含まれるものが人気で、このタイプの石は、ペンダントやリングなどの装飾品や数珠、腕輪などに用いられ、美しい結晶形や特異な針状構造のため鉱物コレクターにとって非常に人気があり、特に透明な水晶中に含まれるルチルは標本として高い評価を受けています。

 

このため、古くから「幸運を引き寄せる石」や「エネルギーを高める石」としても知られています。
このような意味から数珠としてルチルを持ちたいという方も多いです。

3.産地

 

・ブラジル:世界で最も有名なルチルの産地であり、特に鉱物標本としての品質が高いものが採れます。

 

・アメリカ:特にバージニア州が有名で、ここで採れるルチルは鉱物コレクションとして人気があります。

 

・オーストラリア:大規模なルチル鉱床があり、工業的な利用にも適しています。

 

・インド:鉱物標本としてのルチルが豊富に産出されます。

4.ルチル・クォーツ

 

針状の筋が入っている水晶を【ルチル・クォーツ】と呼び、特にこの金色の針が混ざったルチルクォーツはより多くの光を反射するため、愛情を育むキューピットの矢とも呼ばれているそうです。

 

しし座の守護石の1つで、金色の線が入っていることから金線が入る(銀銭が入る)とも言い伝えられている石です。そんな逸話から、ビジネスマンや商売をされている方にとても人気があります。

 

こちらのルチルクォーツの数珠は他の品に比べ、圧倒的に金線の量が違います。

 

玉が大きければ大きいほど、金線が均等に入っているものはなかなか見られないのですが、こちらのルチルクォーツの数珠はこれでもかと金線が入っているのが最大の特徴です。

No.5 東寺内慶賀門古材 曼荼羅数珠&腕輪 共仕立て 限定品

 

 

金額:16,500円
素材:桧(東寺内慶賀門古材)
珠数:23玉

 

 

親玉:直径約2.0cm(老琥珀)

 

 

主玉:直径約1.5cm×2.1cm(老琥珀)

 

 

天玉:直径約1.3cm(老琥珀)

 

特別付属腕輪

1.東寺内慶賀門とは

 

東寺(教王護国寺)は京都市南区に位置する真言宗の総本山で、794年に平安京が遷都された際に建立された寺院で、日本最古の密教寺院として知られています。弘法大師空海がこの寺院を基盤として真言宗を広めたことでも有名です。東寺は、1994年に「古都京都の文化財」としてユネスコの世界遺産に登録されました。

 

その中にある慶賀門(けいがもん)は重要な門の一つです。慶賀門は、東寺の他の建築物と共に、真言宗の教義や歴史を理解する上で重要な役割を果たしています。

2.特徴

 

こちらのお数珠は1200年もの間、古都京都を見続けてきた「慶賀門」の古材を使用しています。
長い歴史を持った世界遺産の古材をお数珠に仕立てた品は、大変珍しく市場では出回りません。

 

お数珠と腕輪念珠が2点セットになっており、腕輪念珠は、日頃手首につけて御守護としてもお使い下さい。

 

限定120個につき、この機会を逃すともう二度と出てきません。

 

「弘法大師空海」が10年を要して建立された二十一尊の仏像で構成された立体曼荼羅の大宇宙をお数珠に込めており
1玉ずつに曼荼羅二十一尊の梵字と尊名を彫刻しているので、大いなる知恵と御守護を感じ取ることができます。

 

こちらの数珠に彫刻された曼荼羅二十一尊の梵字と尊名は金薪絵で塗金しているため、それぞれの玉に深い味が出ており、持つ人を魅了します。

 

 

 

  1. ホーム
  2. コラム
  3. 数珠専門店 香源名古屋本店 レアな一点物数珠のご紹介  ~男性用数珠編~

採用情報

店頭販売だけでなくネット販売・業務用販売を通して国内・海外を問わず沢山のお客様に様々な商品を届ける人を募集しています。

View More

お問合せ

各種お問い合わせはこちらから。
ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せはこちら