コラム

谷中の茶室 瑜伽庵(ギャラリー大久保)で聞香・組香体験

谷根千ガイド2019年3月30日

住所:〒110-0001 東京都台東区谷中6-40 Googleマップ
アクセス:東西めぐりん「9-谷中霊園入口16-谷中霊園入口」か
JR、京成「日暮里駅」からどうぞ
営業時間:お茶室 11:00~17:00(L.O.16:00)、喫茶室 11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)、火曜日
お問い合わせ先:03-5834-2119 ※聞香体験は予約が必要です
HP:http://gallery-okubo.tokyo/ ※English site ※French site
「茶室 瑜伽庵(ギャラリー大久保)」さんは、アンティーク販売はもちろんのこと、本格的なお茶から香道、カフェ、ランチまで楽しめる複合ショップです。今回は「聞香」体験のレポートをしたいと思います。

聞香とは?

「聞香」と書いて「もんこう」と読みますが、何故「聞」という文字を使うのでしょうか。香道では、香りを嗅ぐのではなく「香りを聞く(きく)」と表現します。嗅ぐと表現すると、味気が無いのですが、聞くと表現すると、香りの特徴をしっかりと受け止め、解釈するというように「深く味わう」といったニュアンスになりますよね。繊細な日本人ならではの表現です。

また、普通にお香やお線香を薫くのと、聞香とでは、何が違うのでしょうか。

お香、お線香には香木を粉末にして、他の香原料、例えば桂皮(シナモン)や丁子などの漢方薬や、植物性香原料(例えば、カミツレ)などを混ぜて香りを整えています。聞香の場合は、香木を削り、香木そのものを温め香りを出すことから「香木そのもののピュアな香り」を味わうことができるのです。

聞香・組香を教えていただくのは大久保ギャラリーの大女将 大久保幸子さん(店主のお母様)です。

大久保幸子さんは、三條西御家流で40年以上のキャリアを持つエキスパート

組香(源氏香)を愉しむ

組香とは、いくつかの香りを薫き比べ、香りを聞き分ける遊びのことを言います。組香の中でも代表的なものが「源氏香」であり、源氏物語や和歌、季節を題材にして遊び方のルールを決め、香木の香りを聞きわけて楽しみます。

源氏香で使われる5本の縦棒を組み合わせた図柄

源氏香は上の図にあるように5本の縦棒を基本にした全52種類の図柄です。源氏物語は54帖ありますが、最初の桐壺と最後の夢浮橋を除いた52帖に対応されています。

組香で使用される香りは全部で6種類。伽羅(きゃら)、羅国(らこく)、真南蛮(まなばん)、真那賀(まなか)、寸門陀羅(すもたら)、佐曽羅(さそら)と呼びます。香木の種類で言うと「伽羅=伽羅」「羅国・真南蛮・真那賀・寸門陀羅=沈香」「佐曽羅=白檀」になります。沈香の場合は、先生が4種類の沈香を聞き分け、それぞれに「羅国・真南蛮・真那賀・寸門陀羅」のいずれかを振り分けるそうです。

聞香、組香に使う道具

写真の黒い箱を「乱箱(みだればこ)」と呼び、乱箱の中に組香に使う道具を用意します。

①手記録紙(てぎろくし)と手記録盆(てぎろくぼん):回答用紙と用紙を入れるお盆
②本香盤(ほんこうばん):香木を乗せる銀葉を置く台
③試香盤(こころみこうばん):試香をする場合のみ使用。試香用の銀葉を置く台
④火道具(ひどうぐ)、香筋建(きょうじたて):灰や銀葉、香木を扱う7種類の道具
⑤重香合(じゅうこうごう):使用後の熱くなった銀葉を入れる箱
⑥総包:組香で使う香木を入れておく包み
⑦聞香炉(二の香炉):香を聞くための香炉。二の香炉は予備
⑧聞香炉(一の香炉):香を聞くための香炉

記事では、それぞれの意味や使い方などお伝えできませんが、聞香体験では、幸子さまが丁寧に教えてくれますのでご心配なく♪それにしても、どの道具も精巧な造りで、綺麗な装飾が施されていて感動です。室町時代から続く「優雅な遊び」という意味が分かるような気がします。

いよいよ源氏香遊び

道具の準備ができたらいよいよ源氏香遊びスタートです。

本来は5種類の香木を各5包、合計25包用意し、その中から5包だけ抜粋し、その中の香木を当てる遊びですが、今回は筆者が初めてということもあり、当てやすくなるようご配慮いただきました。

初めてでも分かりやすい「佐曽羅(白檀)」を2包、伽羅、真南蛮、羅国を各1包、源氏香図も併せて縦棒が2本だけ繋がっている図柄10種だけに絞った香記(下の書)をご用意いただきました。

10種類の図柄から選ぶのであれば、はじめての人でも当てやすいですよね。組香をするときは、季節の和歌も組み合わせ、ゲームに彩を加えます

今回の組香名は「若菜香」。組香のテーマは証歌に記されている「君がため 春の野にいでて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ(古今集より光孝天皇)」です。香組とはテーマの中にある要素を抽出したもので、その各要素に香木を割り当てます。

それでは、お香はじめますと敦子さん(幸子さんのお孫さん)

一つの香木を3回聞くことができ、今回は4種類、佐曽羅(白檀)が2回登場します。沈香を聞き分けるのは難しいのですが、沈香・伽羅と白檀を聞き分けることは、はじめての人でも十分クリアできると思います。あとは、沈香の羅国・真南蛮、伽羅を存分に愉しむことをおすすめします。

今回は、1番目と4番目が佐曽羅(白檀)でしたので「紅梅」の香図。テーマに沿った答えで、季節感もありとても素敵な気分になりました♪初めて体験する人に「聞香」「組香」の楽しさが伝わるプログラムでした!さらに、瑜伽庵さんの聞香体験では、体験会で使った香木をお客様へプレゼントしているそうなので、家に帰ってもう一度香りを愉しむことができます。道具のことから、作法、歴史まで丁寧にご指導いただき、香木のお土産もあるだなんて、大、大満足の体験会でした。

聞香のすすめ

幸子さん、敦子さん本当にありがとうございました!

はじめて体験する聞香。混じりっけなしの純粋な香木の香りは別格でした!貴重な香木の香りを聞くだけでも、贅沢なのに、さらにその香りを使って、季節の要素を取り込み遊んでしまうとは、贅沢の極み、、ロイヤルな気分を味わうことができました。

聞香にご興味ある方は、ぜひ瑜伽庵さんで体験してみてください!!

お問い合わせ先:03-5834-2119
聞香体験費用:お一人様:3,000円(税込)
お時間の目安:2時間
※聞香体験は予約が必要です
住所:〒110-0001 東京都台東区谷中6-40 Googleマップ
アクセス:東西めぐりん「9-谷中霊園入口16-谷中霊園入口」か
JR、京成「日暮里駅」からどうぞ
営業時間:お茶室 11:00~17:00(L.O.16:00)、喫茶室 11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)、火曜日
お問い合わせ先:03-5834-2119 ※聞香体験は予約が必要です
HP:http://gallery-okubo.tokyo/ ※English site ※French site

  1. ホーム
  2. コラム
  3. 谷中の茶室 瑜伽庵(ギャラリー大久保)で聞香・組香体験

採用情報

店頭販売だけでなくネット販売・業務用販売を通して国内・海外を問わず沢山のお客様に様々な商品を届ける人を募集しています。

View More

お問合せ

各種お問い合わせはこちらから。
ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せはこちら