2020年1月放送「NHK大河ドラマ『麒麟がくる』」主人公・明智光秀のお香が新登場!

先日ご紹介した「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康のお香」に続き、新商品が登場しました!
2020年1月19日(日)より放送の、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・『明智光秀のお香』です!

武将シリーズ・愛知の三英傑イメージのお香紹介記事はこちらから↓

明智光秀は、歴史では『本能寺の変』の逆臣・三日天下というイメージが強いですよね。ですが、実は公家の社会やしきたりにも明るい、教養のある人物でした。
そんな彼のエピソードと一緒に、新しく登場した『明智光秀のお香』をご紹介します!

 

明智光秀

1528年(享禄元年)(※1516年(永正13年)の説あり)、美濃国(※現 岐阜県南部)あたりで生まれたとされる。
青年期までの記録がなく、その前半生は謎に包まれている。

生誕の地・岐阜県名産 檜の香り
◆ 商品の詳細と価格 【明智光秀のお香】

  • 商品番号 :3870800000000
  • メーカー :梅栄堂
  • 本数   :(約)60本
  • 燃焼時間 :(約)30分
  • サイズ  :(縦) 15.5 × (横) 5.5cm × (高さ)2.5cm

価格:1,000円(税別)

出自に捉われない能力主義の人材抜擢

光秀は領国・丹波で、地元の事情に詳しい国人衆を家臣として採用し、行政効率を高めました。
家臣内では出自に捉われない能力主義で人材を抜擢。また、討ち死にした家臣を列記した他、功を讃える書状の中で家臣を労ったり、近江国の西教寺に戦死した家臣を弔う供養米を寄進したりするなど、家臣を大切に扱い、感謝の気持ちを忘れませんでした。

画期的な軍法

光秀は、画期的な制度もつくりました。18条からなる「家中軍法」です。
光秀が本能寺の変の1年前に制定したといわれており、1条から7条までは軍団の秩序と規律について記し、8条から18条までは、100石単位の禄高に応じた軍役の基準を明確にしています。
「定家中法度」では武具の置場所から織田家中の他の部将への挨拶の仕方まで記してありました。
軍法が存在していなかった当時、先例となった光秀の法は他の武将の模範となりました。

光秀の築いたお城

戦闘を目的とする「山城」が一般的だった時代。しかし光秀は領民と目線を同じくし、その暮らしと一体になる「平山城」を築きました。
光秀は城を、単なる戦の砦ではなく、政務の館として考えていたのです。

大規模な治水工事

福智(知)山城下は、由良川(ゆらがわ)と土師川(はせがわ)が合流する地点で、たびたび氾濫を起こしていました。
1580年(天正8年)、城下町の建設に伴い、光秀は由良川の流れを大きく北に付け替え、堤防の前面には衝撃を和らげるための藪を設けるという大規模な治水工事を施したことで、領国経営の根幹をなしました。
その際築かれた堤防は「明智藪(光秀堤)」と呼ばれ、親しまれています。

光秀の善政

領民に対しては、税の免除を行いました。また、本能寺の変の後、京周辺の朝廷や町衆・寺社などの諸勢力に金銀を贈与しました。
さらに、洛中や丹波に対して地子銭(土地税・住宅税に相当)を永代免除。名君として統治を行った光秀は現代まで慕われ、領国であった京都府亀岡市では毎年「亀岡光秀まつり」が行われています。


今回は武将シリーズ『明智光秀』編ということで、その功績をご紹介しました!
あまり良いイメージで描かれることは少ないですが、今でも慕われる名君だったんですね。

期間限定の新商品なので、ぜひお早目にお買い求めくださいね!
大河ドラマを視聴しながら、生誕の地・岐阜県名産の檜の香りを存分にお楽しみください!

お問い合わせはこちら

● お名前 必須

● ふりがな 必須

● 電話番号 必須

● メールアドレス 必須

※ご入力間違いのないようお願いいたします。
※セキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@kohgen.com」のドメインを受信できるように設定してください。

● お問い合わせ内容 必須
商品在庫の確認について数珠修理・供養について【無料】香木査定依頼お香づくり体験についてその他お問い合わせ

◎ お香づくり体験について:下記から選択して下さい

● 添付ファイル ※3MBまで。添付データの無い場合、選択の必要はございません。

● お問い合わせ本文 必須

(投稿:M)

関連記事一覧