【目標対比110%のご支援を頂きました】日本最古の伝説の香木の香りのイメージを再現した「太初香」がクラウドファンディングで先行発売!

太初香メイン

※2021年4月9日追記 4月8日の24時ちょうどをもって募集終了しました!おかげさまでたくさんのご支援を頂き、目標対比110%で達成することができました。ご支援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。今回も自信をもって作り上げた商品を、皆さまのもとへお送りさせていただきます。

香源のクラウドファンディング第2弾がスタートしました!
今回は日本の国史を記した公式文書『日本書紀』に登場する淡路島に漂着した伝説の香木の、その香りをイメージして再現したお香を制作いたしました。
その名も「太初香(たいしょこう)」です。

ちなみに香源クラウドファンディング第1弾のプロジェクト「おうちにいながら四季を感じられる24種&72種のお香セット」は、皆さまから多くのご支援をいただき、当初の目標を大きく上回り249%で達成いたしました。

今回制作した太初香(たいしょこう)とは、一体どのようなものなのか。まずは簡単にご紹介していきます!
詳しい内容とクラウドファンディング公開ページはこちら

日本書紀と香木のはじまりの物語

そもそも太初(たいしょ)という言葉に聞き覚えのない方も多いと思います。
太初とは日本語では「天地の開け始めた時」つまりは「日本のはじまり(創成)」を意味するとされます。
日本書紀の二十二巻には沈香の香木に関する国史上初めての記述があり、この「日本で最初の香木」と「日本のはじまり(創成)」をかけあわせた物語を皆さまに知っていただき、歴史に残る香木の香りを感じていただきたいという思いから「太初香」と名付けました。

「太初香」の香りへのこだわり

この約1400年前に淡路島に流れ着いた「沈水香木(ぢんすいこうぼく)」の香りとはどんなものだったのか?
遥かな昔を振り返って、想像して現代に再現した香りが太初香です。
沈香の香木の香りには無数の個性がありますが、太初香は”純粋な沈香の香り”を重視して作られています。
これには太初香の背景となる淡路島と国生み伝承にまつわるストーリーにもからめてありますので、詳しい内容についてはやはりこちらのクラウドファンディングページからご確認いただければ幸いです!

↑淡路島に漂着した「沈水香木(ぢんすいこうぼく)」を焚いたときの嶋人の様子(作画:東京藝術大学 山口美波)

少しでも気になった方は、ぜひこちらのページよりクラウドファンディングにご協力、シェアいただければと思います!

太初香サブ5