季節のおすすめお香のご紹介(11月編)二十四種香・七十二候香【11月頃の節気・侯と今月のお香紹介】~香源東京銀座本店~

七十二候 香源 七十二候香

はじめにですが、本記事は毎月更新で「二十四節気・七十二侯」をテーマとしたお香と各月に似合いのおすすめお香の紹介となっています。なので二十四節気・七十二侯について詳しく知りたい方はこちらの連載開始ページでご覧いただけます。今回は連載6回目の11月の紹介となります。

11月頃の節気・侯と今月のお香紹介~二十四節気・七十二侯とは?~

二十四節気と七十二侯をかんたんに説明すると、一年の区分を四季や十二ヶ月よりさらに細かく24分割・72分割したもののことです。日本の四季には様々な自然の変化があることから、それを24個のおおまかな出来事と72個の詳細な出来事を例に挙げて季節区分としているのです。

さて、今月は十月「神無月(かんなづき)」の節気・侯の紹介です。例によって旧暦・新暦の季節感のズレの関係で1ヶ月ずつ前の紹介となる点はご了承ください。
10月は和名で「神無月」といい、一年に一度、島根県の出雲地方に全国の八百万の神様が集まり一堂に会する月だから、といわれています。そのため出雲では逆に「神在月(かみありづき)」といい習わします。また出雲のどこに集まるかといえば「出雲大社(いずもおおやしろ)」であり、目的は今年一年の「縁」を決めることです。出雲大社は縁結びで有名で「恋愛運」ばかりが注目されますが、この神在月の会合では、世の中のすべての縁が決まります。つまり仕事や友達との関係、果ては人の生き死にまでが決まるのが「出雲の神在月」なのです。

そんな神無月の節気は「立冬(りっとう)」と「小雪(しょうせつ)」です。
「立冬」とは四季区分のうち冬のはじめの時期を指しています。秋の紅葉はみるみるうちに枯れ落ちていき、いつしか山には枯木が賑わいを添えるようになってきます。
「小雪」とは山に雪が降り始め、里にはさらに冷たい風が吹くころです。遠くに見える山々は雪化粧で冬支度をはじめており、いよいよ人を寄せ付けない領域に。そうして山は静かに眠りにつくのです。

では香源からお送りする神無月の節気のお香は以下です。

11月に届く二十四節気のお香

神無月 二十四節気 香源 二十四種香

↑画像をクリックすると香源の通販ページにジャンプします

節気の紹介のお次は神無月の七十二候です。候であらわされるのはその季節に起こる自然の出来事なので、11月頭から末までにある代表的な季節感のあるものが選ばれています。
こちらはほぼ名前の通りの出来事なので、情景の詳しい説明と香りについては以下でご覧ください。

11月に届く七十二候のお香

神無月 七十二候 香源 七十二候香

↑画像をクリックすると香源の通販ページにジャンプします

11月におすすめのお香

ここからは11月の季節のおすすめお香の紹介です。
冬に入って寒風厳しく、そろそろ服の厚みも増してくるところ。家に帰れば重荷を解き、暖かくして心地よい気分で一息つきたいものですね。では今月は冬の日の穏やかなリラックスタイムをイメージしたお香を2点、紹介いたします。

薫寿堂のお香 薫寿堂のお線香 珈琲園

薫寿堂のお香 珈琲園 短寸 ミニ寸

淡路島に所在を置くメーカー・薫寿堂さんより、「珈琲園」の紹介です。
こちらは書いて名の通り、コーヒーの香りのお香です。じつはコーヒーの香りはお香の業界でも特にメジャーで、大きいメーカーでは出しているところが多いのです。といっても同じコーヒーの香り。どこも同じような香りになるかと思いきや、これが面白いところでメーカーによって微妙な香り立ちの差があるのです。まるでコーヒー豆の種類が産地ごとに香りが違ってくるように、です。
商品のパッケージサイズは短寸ミニ寸の2つあり、趣味用にも仏事用にも、どのような場面でもお使いいただけます。
↑商品サイズ名をクリックすると香源の通販ページにジャンプします

薫寿堂のお香 特撰花琳

薫寿堂のお香 特撰花琳 短寸バラ詰

珈琲園に引き続き、薫寿堂さんより「特撰花琳」の紹介です。
こちらは薫寿堂さんの定番シリーズ「花琳」の特撰バージョンとなります。シリーズの基本となる「花琳」は白檀ベースで華やぎのある使いやすい雰囲気のもので、今回紹介します「特撰花琳」は元の花琳をさらに甘やかに強調した香りとなっています。甘いと一口にいっても様々な香りの表現があるものですが、こちらについてはバニラっぽい香りが上面に出てきており、落ち着きは保ちつつも濃厚な甘みを表現できています。
商品のパッケージサイズとしては店頭では複数種類ありますが、ネットでのお求めの場合は「短寸」のみとなっております。
↑商品サイズ名をクリックすると香源の通販ページにジャンプします

さいごに

いかがでしたでしょうか?11月はこの時点で一年の残り6分の1。師走から取り掛かっていては間に合わないことも多々ありますし、今の内にお香でほっと一息ついて、それから徐々に身の回りのお片づけをしていきましょう。新年を迎える前にバタバタせず、早め早めのアクションで一年をキレイに「有終の美」で飾るのもよろしいのではないでしょうか?
香源ではそんな神無月の節気・候を香りでお届けいたしますので、ぜひお楽しみいただければと思います。

二十四種香・七十二候香のサブスクお申し込みはこちらから。

香源東京銀座本店

香源 銀座本店の外観

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目14-15
TEL:03-6853-8811
FAX:03-6853-8812
営業時間:10時17分~19時17分
定休日:無し ※年末年始のみ休み
駐車場:店舗前に有料駐車場あり
詳しいアクセスはこちらからどうぞ。
お電話にて配送でのご注文も承っております。お気軽にご連絡くださいませ。

香源 銀座本店のInstagram

関連記事

  1. お香屋さんが作った入浴剤

    お香屋さんの作った入浴剤

  2. 日本香堂の伽羅桃山の新商品

    日本香堂の伽羅のお香 伽羅桃山のお徳用ミニ寸【新商品】

  3. 男性用の数珠 東寺慶賀門古材数珠詳細

    希少な男性用のお数珠(限定品)のご紹介(男性用数珠編)

  4. お取り扱いのある御進物(一部)

    お盆のご進物はお決まりですか

  5. 秋の夜にお香はいかがですか

    秋の夜にお香を焚きませんか

  6. 厳選された天然石で作られたお数珠

    房の種類も色々あります