お香屋さんの作った入浴剤

お香屋さんが作った入浴剤

香木・漢薬などの老舗香原料メーカー、長川仁三郎商店の人気商品が、リニューアルして新発売しました。
寒くなってきたこれからの季節には欠かせない『入浴剤』。
ラインナップは、『白檀湯』と『霍香湯』の2種類です。

お香屋さんの入浴剤

『白檀(びゃくだん)』とは香木の一種で、サンダルウッドとも呼ばれます。
採取される地域で香りが少しづつ異なりますが、特にインドのマイソール地方で採れるものが最高級とされ、『老山(ろうざん)白檀』と呼ばれます。
お線香の主原料としてだけでなく、その香りから高級扇子の骨部分にも使われています。
古くは場を清め、浄めるための香としても焚かれていました。清涼感のある甘みが特徴です。

お香屋さんの入浴剤

『霍香(かっこう)』とは香原料の一種で、パチョリ・パチュリなどとも呼ばれます。
シソ科の多年草植物で、アロマではリラックス・疲労回復効果があるとされています。
お香では保香材として用いられますが、特に白檀との相性が良く、白檀の香りを引き立てる名脇役といった感じでしょうか。
さっぱりとした、オリエンタルな香りが特徴です。
この香りはリニューアル前も大変に人気だった商品です。

前回の固形型から、お湯により溶けやすいパウダー状になりました。
ミルキー成分配合で、白く優しく濁るお湯の色とともに肌あたりもやわらかく、1日の疲れを癒すお風呂のリラックスタイムにはピッタリです。

香源 銀座本店のInstagram

関連記事

  1. 8月の誕生石「ペリドット」

    8月の誕生石 ペリドット

  2. お取り扱いのある御進物(一部)

    お盆のご進物はお決まりですか

  3. 薫寿堂「ダイヤ 宝」

    宝石の王の名を冠したお線香『ダイヤ 宝』

  4. シトリン

    11月の誕生石・シトリン

  5. 秋のお彼岸にはお香と数珠を持ってお墓参り

    秋のお彼岸のお墓参りには

  6. 日本香堂「2019年夏限定 香風景(匂い袋)」

    暑さに涼を運ぶ、日本香堂の「香風景(匂い袋) 2019年夏」…