アクセサリーとしてのお数珠

数珠やブレスレットはお守りに

写真は珍しいサファイヤアンバーと琥珀のブレスレット。

香源銀座本店の1階では、ブレスレットを多数展示しています。
すべてお数珠屋さんの職人さんが作った商品。
108珠仕立てや、親珠や天珠があるものなど、形も数珠のように仕立てられたものもあります。

数珠のようにお守りになるブレスレット

実は数珠は広い意味では『珠を輪につなげたもの』の事のため、こういったブレスレットも『数珠』と言えるそうです。

お数珠はお守りでもあるので(こちらの記事を参照)、本来なら毎日身につけて持ち歩きたいところ。
ブレスレット型なら腕に付けられるのでより気軽にお守りにできます。

葬儀や法事に使うには少々カジュアルですが、お墓参りや寺社巡り、パワースポット巡礼などのお供にも。
もちろん、ファッションとしても好きな宝石・木材をお洋服に合わせて楽しんでください!

 

関連記事

  1. 塗香と塗香入れ

    塗香というお香をご存知ですか?

  2. 秋の夜にお香はいかがですか

    秋の夜にお香を焚きませんか

  3. 輪島塗 展示会

    輪島塗展示会 多くの方にご来場いただき誠にありがとうございま…

  4. 祝い橋

    東銀座のランチタイム

  5. 歌舞伎座 2019年3月の演目

    魂を呼び戻すお香

  6. 本珊瑚の数珠

    お数珠を持つ意味