魂を呼び戻すお香

歌舞伎座 2019年3月の演目

香源 銀座店近くにある歌舞伎座
その3月公演の演目の一つに「傾城反魂香(けいせいはんごうこう)」というものがあります。

国語辞典の解説によると反魂とは、
「死者の魂を呼び戻すこと。死者を蘇らせること。」
だそうです。

そして反魂香とは、その香を焚くと死者の魂を呼び戻し、煙の中にその死者の姿が現れるという、
伝説上のお香のことです。
いったいどんな香りがするのでしょう…。想像するとわくわくしますね。

もとは、前漢の武帝が亡くなった夫人を恋しく想い、霊薬を練って焚き上げると
その煙の中に夫人の面影を見た、という中国の故事が由来です。

歌舞伎 お香

この反魂香が、お話の中でどのように関わってくるのか。
観劇された方、結末を知っている方は、ぜひ教えてくださいね。


関連記事

  1. 香源 銀座本店に飾ってあるサイン

    お店入口に飾ってあるサイン色紙のご紹介

  2. お母さんとお揃い!「親子数珠」

    親子で持つお数珠

  3. 秋のお彼岸に数珠とお香を持ってお墓参り

    秋のお出かけにお数珠を持ちませんか?

  4. 本珊瑚の数珠

    お数珠を持つ意味

  5. 香木「白檀」でつくられた念珠腕輪(ブレスレット)

    香木ブレスレット~白檀~

  6. 数珠袋も多種多様にご用意がございます

    数珠袋はお持ちですか?