桂小春團治さんと行く軍艦島ツアーに参加させて頂きました。2日目

宿泊先の雲仙を出発 いたるところに湯気が出ていました。

グラバー園から見た長崎港

卓袱料理(しっぽくりょうり)の名店 坂本屋で食事 大皿に出てくる料理を

取り分けて食べるのが風習だそうです。

汁を一杯飲んだ後に乾杯をするのも風習だそうで、それに習って

汁から頂きました。

いよいよ軍艦島上陸 風もなく無事上陸できましたが、風の強い日は上陸できないのだそうです。

最盛期には、軍艦島には5000名の人々が暮らしておられ軍艦島にないものはない。と言われるぐらい

生活は豊かだったそうです。映画館もあったそうで、長崎市内よりも封切が早かったそうです。

軍艦島の上陸には、誓約書が必要で地域の人たちが大切に管理されているのが伝わってきます。

長崎は、良い場所です。今回は、ゆっくりと出来ませんでしたが、

今度は、もう少しゆっくり過ごしたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です