経営理念

香源グループの経営理念・コンセプトの紹介です。
香源グループは下記の理念・思想に基づき日本の文化を世界へ発信いたします。

経営理念:お香文化をすべての人々へ、そして未来へ

香源は「日本のお香の情報発信源」であり、顧客に最適なお香をご提案できる「お香コンシェルジュ」のいるお店です

つながり:過去から今へ続く大切な人・ものを思う心
魂を供養したいと願って手を合わせ
ずっと続いてきた歴史に思いを馳せる。
いやし:心安らぎ、きれいになるとき
香りに包まれゆっくりと呼吸を繰り返す。
体・心・空間が浄化され、きれいになる時間を手に入れる。
あそび:心ときめく、日本らしさへの憧れ
雅やかな王朝文化、粋を極めた江戸の町人文化
移り変わる四季の彩り、様々な日本の美学を楽しむ。

香源はお香には3つのコアバリュー(中心的な価値)があると考えます。
それは「つながり」「いやし」「あそび」です。

1400年続いた日本のお香は、様々なかたちや形式に発展し
江戸時代に大衆文化となりピークを迎えました。
ところが、明治維新後の急激な西洋化などにより、お香文化は
香道関係者以外の一般の人々においては、仏壇用の線香を残して一時的に途絶えてしまいました。
しかし、平成の世にインターネットというメディアを通じて復活します。

香源は1999年に「お香専門店」としてインターネット通販に参入し
お香の情報を発信しながら新しい商品やサービスを提案してきました。
これからも過去の歴史や伝統を学び、お客様とともに
「現代に生かしていくためのお香文化」を創造して
日本を含めた世界へ、そして未来へ、お香文化を広げていきます。

お香の世界を旅する人々のための案内人(コンシェルジュ)、それが香源です

PAGE TOP